KEOKEO Blog

KEOKEOが適当に書いてるブログ

KEOKEOによるKEOKEOの為のブログ

NVIDIA GeForceExperienceのココが凄い!その1 ANSEL編(PSO2)

GeForceExperienceって? 

GeForceExperienceはNVIDIAが出してるソフトです。

www.nvidia.com

このソフトはNVIDIAGPU専用のソフトで、ドライバーを入れたりゲームの設定をグラボに合わせて最適化してくれます。

(ただし最適化対応ゲームと予めスキャンする必要あり)

 

その他にゲーム内オーバーレイ機能があります。

ゲーム内オーバーレイとはゲーム中の画面をキャプチャ、配信、録画、ゲーム内フィルターが使用出来ます。

 

今回はキャプチャとゲーム内フィルターについて軽くご説明します。

 

キャプチャの種類とゲーム内フィルターについて

キャプチャ機能はalt+f1でスクリーンショットを撮るのと、alt+f2でAnsel(フォトモード)を起動して撮る2つの方法があります。

Anselとはフィルタを加えたり、解像度を上げて撮るHDR撮影360度撮影カメラを動かせるフリーショットといった機能が、ただしこれらの機能は対応するゲームのみ使えます。

今回はPSO2を使って紹介しますが、HDR撮影、360度撮影、フリーショットは対応してなかったのでまた別の記事で。

 

フィルタは画面に明るさコントラストを加えるといった以外に、ボケ(被写界深度セピア調などの古い感じを追加したり、周りを暗くするビネットチルトシフト鮮明さを上げたりブルームで光源を柔らかくする機能など色々あります。 

解像度を上げて撮る機能はスーパー解像度機能と言い、4K、7Kなどに上げて撮影出来ます。

ただし解像度を高くすればするほどメモリ(RAMやVRAM)を多く使い、クラッシュしたりするので程々に。

 

ゲーム内フィルターAlt+f3で起動でき、プレイしてるゲームの画面にフィルタをかける事が出来る機能です。使い方はAnselのフィルタとほぼ一緒です。

 

実際に使ってみた

Anselを使ってPSO2のゲーム画面を撮影してみます。

ちなみにPSO2の設定はExperienceで最適化しており、最高品質の状態です。

 

まずはAnselを使わずそのまま。

f:id:KEOKEO:20200710093751p:plain

Anselを使わずに撮影(©SEGA)

 

Anselを使ってフィルタを追加、更にスーパー解像度で4Kにしました。

フィルタは詳細というフィルタを使い、鮮明さやブルームを上げ、HDRトーニングを使ったりしました。

f:id:KEOKEO:20200710094826j:plain

Anselでフィルタを追加、更にスーパー解像度を使って4Kに(©SEGA)

 こうして見比べて見ると少し変わったのが分かります。

 

ゲーム内フィルターについてはツイートの動画を御覧ください。

 

実際に使った感想

いつものゲームが更に楽しくなりました。PSO2でフレンドと一緒に撮る時なんかは必ず使ってます。

ただ今回ご紹介した機能は所々にバグがあったり、ゲームとの相性もあります。

紹介用画像を作ろうと、alt+f2押したら起動出来なかったり、ボケのピント位置がおかしくなったり...

 

あとこの機能は全てのグラボで使えるというわけではなく、GTX600以上となってます。

まぁ殆どのGTX、RTXグラボで使えると思いますが、快適に動くかはゲームの設定にもよります。

PSO2FF14はまぁまぁ軽い方なので、最高品質でもそれなりのグラボで快適に使えると思いますが、FF15のような重いゲームだと不安定になるかもしれません。

 

まぁ最適な設定は今回紹介したGeForceExperienceでやってくれるので、多分大丈夫かと思いますが:D